税理士マーケティングの2パターン(下)

税理士マーケティングの2パターン

五十嵐です。

昨日は、税理士におけるマーケティングの2つのパターンについてお伝えしました。

<パターン1>
・緊急性が高く、ニーズが顕在化しているテーマ

<パターン2>
・緊急性が低く、ニーズが潜在的なテーマ

こうしたテーマのうち、<パターン2>は、<パターン1>に比べると、比較的高単価を狙えるということをお伝えしました。

それでは、パターン2のようなテーマをどのように顧客獲得していけば良いでしょうか。

パターン2のように潜在的なテーマは、お客様が自らニーズを文字化できません。

そのため、なかなか検索エンジンで探さないものです。

例えば、経営者が

「財務体質改善」

と検索するでしょうか?

もちろん、一部の意識の高い経営者の方は検索することもあると思いますが、実は、あまりこうしたキーワードって、検索されないことが多いんですよね。

そのため、直接的なアプローチよりも、間接的なアプローチが有用なんですよね。

間接的なアプローチとは、テーマよりも、まず先にあなたを知ってもらうことです。

その上で、あなたと経営者の間に関係性を創りだし、その後に「財務体質改善」のようなテーマを提案するというアプローチです。

是非、テーマで探してもらうのではなく、あなたを知ってもらうためのアプローチ方法を考えてみてください。

例えば、ネット広告一つとっても、キーワード広告では無くディスプレイネットワークを使う、ソーシャルメディアを使う、などいくつか方法がありますよ。

追伸1

現在、士業のウェブ集客を集中的に学ぶ「集中講座」の二期生を募集しています。
3カ月でウェブ活用やセミナー開催のノウハウを、ワーク等を通じて徹底的に身につけて頂きますよ。

http://44jyuku.com/course

是非、こちらもご覧ください。

追伸2

現在、私は士業ウェブ集客のベーシックなノウハウを網羅したメールセミナーを公開しています。

士業集客のコンセプトや士業ホームページ・ブログ活用法、Facebookやツイッター、見込み客との関係性作り、セミナー開催法などなど、士業のウェブを活用した集客に関するあらゆるトピックに言及しています。

http://44jyuku.com/lp/lp1.html

もちろん、受講料は無料です。
ぜひ、こちらもお役立て下さいね。

PAGETOP