士業の致命的な思い込み By コトラー(上)

士業の致命的な思い込み By コトラー(上)

五十嵐です。

今日は、コトラーの『プロフェッショナルマーケティング』からの引用です。

※コトラーとは、マーケティングの世界的権威。

コトラーは、専門家のマーケティングプログラムをダメにする”致命的な思い込み”として、下記のようなものを挙げられています。

(若干、士業向けにアレンジしてみました)

あなたも、該当するものはありませんか? 要注意ですよ。

1.顧客はサービスの内容を理解している

そんなことは無い。サービス内容をはっきりと説明をする士業に顧客を奪われている。

2.新しい顧客が必要になったら、いつでも紹介してもらえる。

あり得ない。たまには紹介してもらえるかもしれないが、勘違いだ。顧客を自分に引き付けるマーケティングプログラムが必須である。

3.不明な点があれば、顧客の方から電話してくる

そうとも限らない。特に、関係性が構築できていないうちは、まずは掛けてこない。通常、「嫌がられない」という確信が持てるまでは、電話を掛けてこないものだ。

4.クライアントとの交流に時間を掛けるのは無駄

実際には、クライアントとの時間をとればとるほど、サービスの効用を詳しく説明できる。

5.マーケティング素材には、写真はあっても無くても同じ

1枚の写真は2,000語の価値を持つ。写真は読み手に親近感と安心感をもたらす。クライアントは外見にはこだわらないが、みることができるならそれに越したことは無い。

如何でしょうか。ドキっとした人は、要注意ですよ。

特に、1番目の「顧客はサービスの内容を理解している」については、実際に多くの士業の方が「やってしまっている」過ちだと感じますね。

耳の痛い話があれば、要注意ですよ!

士業ウェブマーケティング@志師塾のMBA中小企業診断士 五十嵐

★ブログを読まれて「面白い」と思ったら、コメントお願いします。★
★ 私の記事を書くモチベーションになります(^^)/         ★

追伸

現在、私は士業ウェブ集客のベーシックなノウハウを網羅したメールセミナーを公開しています。

士業集客のコンセプトや士業ホームページ・ブログ活用法、Facebookやツイッター、見込み客との関係性作り、セミナー開催法などなど、士業のウェブを活用した集客に関するあらゆるトピックに言及しています。

http://44jyuku.com/lp/lp1.html

もちろん、受講料は無料です。
ぜひ、こちらもお役立て下さいね。

PAGETOP