士業の致命的な思い込み By コトラー(下)

士業の致命的な思い込み By コトラー(下)

五十嵐です。

昨日に続き、コトラーの『プロフェッショナルマーケティング』からの引用です。

※コトラーとは、マーケティングの世界的権威。

コトラーは、専門家のマーケティングプログラムをダメにする”致命的な思い込み”として、下記のようなものを挙げられています。

(若干、士業向けにアレンジしてみました)

あなたも、該当するものはありませんか? 要注意ですよ。

6.クライアントとの会話では同じ話を繰り返さないようにすべき

大切なことは、クライアントに話を理解してもらうことである。くどくなっても、異なる視点から繰り返し説明することで、クライアントの理解は深まる。

7.クライアントは業界にいる人間なので、専門用語はOK

クライアントは基本的知識を持っているが、専門用語が通じると決めつけるのは、たいていの場合、間違っている。

8.マーケティングにかつての威力は無い

マーケティングで効果が出ていないのは、リサーチ・プランニング・実施のいずれかの段階で、不十分な点があるためである。

9.メッセージが複雑な程、クライアントは士業の必要性を痛切に感じる。

クライアントは情報過多に悩んでいる。メッセージはシンプルで分かりやすく、要点を付いたものにすべきである。

10.広告は見た目よりも中身

力強いメッセージは大切だが、適切なデザインが伴わなければクライアントにメッセージが届かずお金の無駄。

11.私が忙しいことは、クライアントは分かっているはずだから、電話を掛け直すのが遅れても大丈夫

忙しいのはクライアントも同じ。きちんと電話を折り返すことで、好ましいん初を与えられる。クライアントはサービス提供者の能力をすぐに判断できない。そのため、対応の良さで、まずは判断する。

如何でしょうか。

全部で11個の致命的な思い込みをご紹介しました。

専門用語を使ってはいけない、メッセージはシンプルに、など、当たり前のことが当たり前にできていないこともあるんですよね。

コンサルティングの現場では、ABCが大切だとよく言います。つまり、A(当たり前のことを)、B(馬鹿みたいに)、C(ちゃんとやる)ということです。

振り返って、我々士業はどうでしょう。

改めて、自分自身でチェックしてみては如何でしょうか。
私も、気を引き締めて頑張りたいと思います。

士業ウェブマーケティング@志師塾のMBA中小企業診断士 五十嵐

★ブログを読まれて「面白い」と思ったら、コメントお願いします。★
★ 私の記事を書くモチベーションになります(^^)/         ★

追伸

現在、私は士業ウェブ集客のベーシックなノウハウを網羅したメールセミナーを公開しています。

士業集客のコンセプトや士業ホームページ・ブログ活用法、Facebookやツイッター、見込み客との関係性作り、セミナー開催法などなど、士業のウェブを活用した集客に関するあらゆるトピックに言及しています。

http://44jyuku.com/lp/lp1.html

もちろん、受講料は無料です。
ぜひ、こちらもお役立て下さいね。

PAGETOP