クックパッドから学ぶ士業経営の秘訣とは?(下)

クックパッドから学ぶ士業経営の秘訣とは?(下)

こんにちは、五十嵐です。

先日は、クックパッドから学ぶ士業経営と題して、業態に関係なく、一点突破が大切なんだということをお伝えしました。

さて、今日はその続きですよ。

クックパッドの3つの成功要因のうち、今日で3つ目です。

(3)ネットとリアルを繋ぎ合わせる! そのための一点集中!

クックパッドは、日本屈指のインターネット企業です。
しかし、インターネットだけに閉じないビジネスモデルを構築しています。

例えば、スーパーマーケットの店頭でクックパッドのレシピを配布したりしています。

その結果、スーパーの店頭で主婦が

「あら、これは何かしら」

と手に取り、クックパッドを初めて知るといったことが起こるのです。

インターネット企業は、ともすると、ネットの世界で閉じがちです。

もちろん、多くの企業は、ネットとリアルの融合を目指したいと考えていますが、実際にはなかなかそこまで手が回らない。

私がヒアリングさせていただいたレシピサイト運営企業の方が

「ネットとリアルの融合はやりたいんだけど、うちにはそんなノウハウがなかなか無いんだよね」

と仰っていました。

なぜ、クックパッドはこのようにリアルとネットの融合ができているのか。

色々な要因があると思いますが、主な理由として

「レシピという機能に特化しているから」

ということが言えます。

レシピという機能に特化することで、レシピに関するノウハウが溜まり、食品メーカーや小売店などと提携することができているんです。

経営資源は有限です。幅広いところに貴重な人員を投下するのではなく、「勝てる!」と感じたところに集中する。当たり前のようで、なかなかできない経営の原則だったりするんでしょね。

これが、仮にレシピ以外のことを幅広くやっていたらどうでしょう。

食品メーカーや小売店は、わざわざクックパッドと提携したいと思うでしょうか。

レシピに関する圧倒的なノウハウが無ければ、難しいかもしれませんね。

こうして、

・リアルとネットをつなぐこと

・その根底には一点集中によるノウハウ蓄積

があるんです。

士業事務所の経営も、同じではないでしょうか。

残念ながら、ネットだけでは士業は仕事が取れませんよね。ネットからリアルに連れて来なければ、多くの場合に仕事は受注できないんですよ。

で、会いたくなると思ってもらえるにはどうすれば良いか。

それは、ある領域で目立つことなんですね。

いつもお伝えしていることですが、

「何でもできます」

という事務所は選ばれにくいんです。

会いたいと思ってもらうためには、会いたいと思ってもらう理由が必要なんですよね。

あなたの場合、

「会いたいと思ってもらう理由」

は何ですか?

多くの場合、会いたいと思ってもらう理由は、ある領域に「一点集中」で尖ること。

そのためには、集中した領域でノウハウを蓄積するんです。

ノウハウが蓄積できたら、あとはそれを上手く伝えるだけですね。

決して何でも屋にならないようにしてください。

士業ウェブマーケティング@志師塾のMBA中小企業診断士 五十嵐

★ブログを読まれて「面白い」と思ったら、コメントお願いします。★
★ 私の記事を書くモチベーションになります(^^)/         ★

追伸

現在、私は士業ウェブ集客のベーシックなノウハウを網羅したメールセミナーを公開しています。

士業集客のコンセプトや士業ホームページ・ブログ活用法、Facebookやツイッター、見込み客との関係性作り、セミナー開催法などなど、士業のウェブを活用した集客に関するあらゆるトピックに言及しています。

http://44jyuku.com/lp/lp1.html

もちろん、受講料は無料です。
ぜひ、こちらもお役立て下さいね。

PAGETOP