ネット集客の仕組み作りの3ステップ

志師塾・先生ビジネスプロデューサー 五十嵐です。

本日は、ネット集客の原理に基づき、具体的な実践方法をお伝えしたいと思います。

ネット集客の仕組みを作るステップは、以下の3ステップです。

1)集客用ページに誘導する
2)見込み客になってもらう
3)関係性を深め、成約してもらう

1点目は、集客用ページに誘導することです。
集客用ページに多くのアクセスを集めることと言っても良いでしょう。

そのためには、ブログやツイッター、SNSといったソーシャルメディアを活用することです。
(この3つは、ネット集客三種の神器と覚えましょう。)
ソーシャルメディアの使い方は、別ブログにて随時お伝えしていきたいと思います。
大切なことは、集客用ページにアクセスを誘導する仕組みづくりになりますので、
覚えておいてください。

2点目は、集客用ページに訪問してくれた人に、見込み客になってもらうことです。
つまり、メールアドレスを収集することです
なぜ、集客用ページが必要なのでしょうか? 
ホームページで良いのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ホームページでは様々な情報を提供しているがゆえに、
訪問者の目線は様々なところに移りがちになります。
結果として、
ホームページで目的とするアクションを取ってもらう確率(アクション率)が低くなってしまいます。

そのため、目線の移らない集客用のページが必要になるのです。
集客用のページを作り込むことで、
圧倒的に高い確率で見込み客を獲得することが可能になります。
集客用ページの作り方は、別ブログでお伝えしますね。

3点目は、関係性を深め、成約まで導くことです。
そのためには、ネット集客の原理でお伝えしたステップメールを活用し、
徹底的にお役立ち情報を提供していきます。
その上で、販売用ページに導くのです。
ここ、大切ですよ。
いきなり販売用ページに導いても、決して高額商品は売れません。
むしろ嫌悪感すら抱かれてしまうでしょう。

関係性を十分に作った後で、販売用のページに導きます。
その結果として、あなたのことを十分理解した見込み客が、
販売用ページによる最後の一押しで、成約に至るのです。

以上、ネット集客の具体的な仕組み作りについてお伝えさせていただきました。
こうした仕組み作りは一人ではなかなか大変かもしれません。
しかし、この仕組みを一度作ってしまえば、後は自動的に顧客獲得を続けられる仕組みが整います。
幸せ先生業ライフの実現のために、是非とも挑戦してみてくださいね。

志師塾・先生ビジネスプロデューサー 五十嵐

PAGETOP