先生業のサービス上の特性とは?

志師塾・先生ビジネスプロデューサー 五十嵐です。

本日は、先生業のWeb集客を行う上で、
非常に重要な先生業の特性を理解する点について、お伝えしたいと思います。

突然ですが、先生業の特徴って何だと思いますか?

まず、大前提として、先生業はサービス業です。
けっしてモノを作る製造業ではありませんよね。

世の中にはサービス業がたくさんあるのはご存じのとおりですが、
その中でも、先生業ならではの特徴とは何でしょうか?

そこで、様々なサービス業を僕なりに分析したところ、先生業には2つの特徴があることが分かりました。

それは、ハイスキルトレーニングサービス・気付き型サービスであることです。
詳しくお伝えしていきますね。

1つ目のハイスキルトレーニングとは、
サービスを提供するために高いトレーニングが必要になることです。
先生業の方は、資格に合格するために、様々な勉強や実習を受けていますよね。
こうしたハイスキルトレーンングを積み重ねて、やっと先生業としての第一歩が踏み出せます。

「明日から先生業になりたい!」といっても無理なのです。

地道なトレーンングを積み重ね、高い報酬を手に入れられる先生業に成長していくのです。

2つ目の気付き型サービスとは何でしょうか。
それは、手順が一定では無いということです。
つまり、場に合わせて臨機応変に対応することで、
サービスに対する顧客の評価が高まるというものです。
一言で言うと、非マニュアル領域とでも言えるでしょう。

サービス業の中には、マニュアル化を推進する仕事があります。
その最たる例はマクドナルドでしょう。
マクドナルドでは、全世界の多様な文化でも同じ品質のサービスを提供するために、
マニュアルオペレーションを推進しています。
もちろん、こうした多くの人の関わるサービスでは、マニュアル化は必須です。
そうしないと、クレーム続発してしまうことは、火を見るより明らかですよね。

しかし、マニュアルサービスを是とするサービスは、対応力に欠けてしまいます。
その点、先生業の仕事はお客様が100人いれば、それぞれ状態が違うでしょう。
そうしたお客様に対して、必要な対策を取っていくことがお客様満足に繋がるのです。
そのため、先生業を気づき型サービスであると僕は考えています。

こうしたハイスキルトレーニング・気付き型のサービス業である先生業では、
どのようなマーケティングが必要になるでしょうか? 少し考えてみてください。 

それでは、また次回に。

志師塾・先生ビジネスプロデューサー 五十嵐

PAGETOP