顧客に攻める!先生業メールマガジンの活用法

志師塾・先生ビジネスプロデューサー 五十嵐です。

本日は、メールマガジン(以下、メルマガ)の使い方について考えてみましょう。
「何をいまさらメルマガなんて言っているの?もう古いんじゃない?」
という人もいるかもしれません。
しかし、メルマガは、今でも十分強力な営業ツールになるのです。

インターネットを活用した様々なツールがありますが、それらは2つに大別できます。
それは、「待ち」と「攻め」です。メルマガは、貴重な「攻め」のツールになります。

どういうことでしょうかね?

これは、先生業が自身で必要な時に必要な人にアクセスできるかどうかの違いです。

「待ち」のツールとは、ブログやツイッター、SNSといったものです。
これらは、もちろん非常に有効なツールなのですが、
基本的には見てくれるのを待ちますよね。
そうなんです、自分の必要なタイミングで攻めるのには適していません。

その一方で、メルマガは必要な時に必要な内容を、
攻めるように伝えることができるツールです。
例えばセミナーを開催したい先生業がいるとすると、メルマガを配信することで、
送信先の人にメルマガを届けることができるんですよ。

これは、マーケティング論で、Push型とPull型と言います。
Pushが攻めで、Pullが守りです。

メルマガを活用することで、
積極的に見込み客(メルマガ配信先の方)にマーケティングを仕掛けることができるのです。

もし、メルマガを活用していない方がいれば、メルマガ配信を考えてみてくださいね。
メルマガ配信といっても、簡単にできます。

一番簡単な方法は、メルマガ配信スタンドASPを活用することです。
例えば、初心者には、アスメル(http://www.jidoumail.com/)などがお勧めですね。
これは月額3000円くらいで活用でき、広告などが一切入らないので、
入りとしては使いやすいのではないでしょうか。

是非とも、メルマガを活用して、見込み客に対して「攻め」ていってください。

志師塾・先生ビジネスプロデューサー 五十嵐

PAGETOP