自分の発想を超え、見込み客が検索するキーワードを拾うためには?

自分のターゲットとなる人物が、どのようなキーワードで検索するのか?

そのキーワードこそが見込み客が抱える悩みや不安、
または欲求の表れだと思います。

では、そういったキーワードをどのようにして拾っていけば良いのか?

まず、一番大切なことは、
「見込み客の気持ちになりきること」から始まります。

見込み客の気持ちになりきれなければ、
決して、強い訴求はできません。

マーケティングを一言で言えば、
「お客様の気持ちになりきること」と言っても
過言ではありませんからね。

まずは、見込み客の気持ちになりきって、
キーワードを拾っていくことが第一です。

そして、その拾ったキーワードが実際に
どれくらい検索されているのか調べる代表的なツールが、
Googleが提供する「キーワードプランナー」です。

【キーワードプランナー】
https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

しかし、どんなに見込み客の気持ちになりきろうとしても、
自分1人の発想では、枠を超えられない場合や
本当に見込み客が検索しているキーワードを越えられない時が、
多々あります。

そこで、役に立つのが、「goodkeyword」というツールです。

【goodkeyword】
http://goodkeyword.net/

このツールは、自分が入力したキーワードに
関連するキーワードを自動で、ピックアップして、
見込み客が検索しそうなキーワード候補を出してくれる優れものです。

自分1人で考え込んでも、考えが詰まってしまうことがありますから、
こういったツールを活用することで、思いもしなかったキーワードを
拾えることがあるんですね。

キーワードプランナーとgoodkeywordを
組み合わせて活用することにより、
実際の検索数のおおよその数を把握し、
且つ、それ以外の関連キーワードを拾っていくことで、
見込み客の頭の中にしか描けなかったキーワードを、
拾っていくことができるのです。

ぜひ、この2つを活用して、
見込み客の頭の中にあるキーワードを拾ってみてくださいね。

これだけで、新商品・サービスの活用にも活かすことができますよ^^

【士業・コンサル・講師・コーチのWeb集客|志師塾】

最短90日で、新規顧客を2倍にする7つの能力。
▼【無料】先生業のためのWeb集客メールセミナー
>>http://exwill.jp/lp/7step_lp/

▼具体的成功事例を知りたい!先生業のためのWeb集客セミナー
メールセミナーではお伝えできない、Web集客成功事例をお伝えします!
>>http://exwill.jp/lp/web_syukyaku/

▼塾長プロフィール
>>http://exwill.jp/shishijyuku/profile/

※塾長の個人Facebookはコチラ(フォロー歓迎)
>>https://www.facebook.com/kazuya.igarashi

PAGETOP