起業家と確定申告―確定申告とは

新年明けましておめでとうございます。
2018年も知恵の場オフィス、当ブログ共どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

個人事業主の起業家の方にとって、1年の初めはやはり確定申告の準備ですね。
2017年1月1日~2017年12月31日についての確定申告期間は、
所得税が2018年の2月16日~3月15日
消費税は2018年の1月1日~3月31日
となっております。

今月はあらためて、この確定申告についてお話し致します。

 

確定申告とはそもそも
・毎年1月1日~12月31日の1年間に発生した所得金額
 (売上から経費を引いた額)を明らかにする
・所得税及び復興特別所得税の額を所得金額より計算し、既に支払っている税金
 (源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金等)との精算行う手続のことです。
 ※参考:国税庁HP https://www.nta.go.jp/より

個人事業主として起業した方はサラリーマンとは違い、自分の所得を自分自身で
計算し申告しなければいけませんので、少しでも知識をつけておく必要がありますね。

 

では申告をしないとどうなるのか?
手痛い2つの罰則が待っています。

・無申告加算税
 納付すべき税額が50万までの部分:納付すべき税額×15%
 納付すべき税額が50万円超の部分:納付すべき税額×20%

・延滞税
 納付すべき税額×延滞税の税率※×延滞期間
 ※原則として、納付期限の翌日から2カ月間は年7.3%、それ以降は年14.6%。

かなり大きな額となってしまいますので、期日中の申告を行ってくださいね。
 

ちなみに、所得が38万円以下の方は基礎控除38万円が引かれますので
課税される所得が0となり、税金を払う必要がありません。
そのため基本的には確定申告はせずとも良いのですが、個人事業主であるならば
今後銀行融資を考える場面があるかもしれません。
そのため、所得が少なくとも申告しておいたほうがよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

===================
東京新宿で起業をサポートする環境がここに!
【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場

PAGETOP