起業家と確定申告―青色申告・白色申告

個人事業主の確定申告の方法には青色申告と白色申告の2種類があります。
青色申告・白色申告にはそれぞれメリット・デメリットがありますので、
どちらを選択するかはご自身で判断いただくようになります。

ただし、貴方が開業届を出した際に、青色申告を申請していない場合は
自動的に白色申告となります。
もし今後青色申告をしたい場合は、その年の3月15日までに
「青色申告承認申請書」を税務署へ届け出る必要があります。

ではその違いについてみていきましょう

 

●白色申告
・単式簿記※で手間は簡単。代わりに青色申告で説明している特典がありません。
・現金出納帳・預金出納帳・売掛帳・買掛帳・経費帳・固定資産台帳

※単式簿記=取引を1科目だけ記入していくもので、普段私たちが目にする家計簿に相当します。

●青色申告
複式簿記で手間が煩雑。提出書類も多くなりますが、各種特典を享受できます。
<主要簿:提出必須>
・仕訳帳・総勘定元帳
<補助簿:提出任意>
・現金出納帳・預金出納帳・売掛帳・買掛帳・経費帳・固定資産台帳

 

<主な青色申告の特典>
・65万円の控除
・家族への給与を全額経費に計上可能
→白色申告だと専従者1人につき50万円迄・配偶者は86万円迄なので
配偶者でも月7万程度の給与のみが控除
・赤字繰り越しが3年間できる
・30万円未満の購入費を、経費としてその年に一括処理が可能。

 

青色申告は手間はかかりますが、所得に対する控除額が大きく、節税が可能です。
今は会計ソフトを利用することで手間もある程度省けますので、
今後開業届を出す方、今まで白色申告だった方も青色申告を検討すると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

===================
東京新宿で起業をサポートする環境がここに!
【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場

PAGETOP