会社の新たな設立形態「合同会社」-メリットとは?

合同会社とは米国のLLC(各州毎の条例によって制定された会社形態で、
株式会社のように有限責任を持ちながら法人税の支払いの必要がないことが大きなメリット。)
を基に2006年に日本でも新しく会社法に取り入れられた新しい会社形態です

 

実は、日本でも有名な大手企業であるAmazonやAppleも合同会社なのです。

 

株式会社と合同会社はどちらも、会社の債務に対して自分が出資した額を
上限とした「有限責任」である、という部分では同じです。
しかし大きな違いは、「出資者」は出資のみで経営に携わらなくてもよい
株式会社に比べ、「出資者=経営者」となるのが合同会社、という部分です。

ではそんな合同会社のメリットを詳しく見てみましょう

 

------------
■設立時のコストが安い
・株式会社…25万円ほど
・合同会社…6万円ほど

 

■設立時の手続きがわりと簡単
・株式会社…定款作成→公証役場での定款認証→資本金振込→登記申請
・合同会社…定款作成→資本金振込→登記申請

 

■決算報告が無い
・株式会社…官報への掲載(掲載費6万円)・数年毎の役員変更登記
・合同会社…報告義務なし。役員の任期制限もなし

 

■意思決定が速い
・株式会社…株主総会・取締役会等にて決議の必要あり
・合同会社…社員間で決めれば良い

 

■利益分配を自分達で決定
・株式会社…株式の所有割合にて利益配分が決まります
・合同会社…定款にて定めることにより自由に決められます。
------------

 

デメリットは、やはり日本においては株式会社のほうが社会的信用度合いが
高いと言われているところですが、小回りが利き、スピーディーに物事を
決定しなければいけない時期での合同会社はとてもメリットがある
ということが分かりますね。

 

 

 

 

 

 

 

===================

東京新宿で起業をサポートする環境がここに!

【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】

知恵の場

PAGETOP