飛躍する日本の起業家-メガカリオン

世界的な経済誌であるForbesの日本版、「Forbes JAPAN」では
2014年より毎年末に、日本を牽引するスタートアップ企業を表彰する
「日本の起業家ランキング」を発表しております。

これは、スタートアップ業界に詳しい10名の審査員により「グローバル性」
「事業規模」「実績・成長性」「経営者・経営チーム」「社会課題の解決」
といった総合的な高い観点から起業家を評価し、選出するというものです。

昨年の優勝はフリマアプリでお馴染み「メルカリ」が表彰を受けました。
海外にも進出しているその快進撃たるや皆様ご存知かと思います。
(なおメルカリは、当ブログでもご紹介した、「第4回日本ベンチャー大賞」
において「内閣総理大臣賞」も受賞されました)

2017年はなんと1位が2つも選出されたということもあり、
今注目の起業家をご紹介したいと思います。

 

■第1位:株式会社メガカリオン

皆さんは献血をしたことがありますか?
実は年間100万人を超える患者さんが輸血を必要としており、また、献血頂いた血液は
有効期限が定められているため、毎日献血を呼び掛けているのです。

献血した後の血液は遠心分離を行い、赤血球、血漿、血小板の3種類の成分である
「赤血球液製剤」、「濃厚血小板製剤」、「新鮮凍結血漿」に分けられます
(※一般社団法人日本輸血・細胞治療学会より)
この中の「血小板製剤」は冷凍保存が不可能で、その保存期間はわずか4日なのです。

メガカリオンは元々大学の研究からその成果を実用化するために設立されたベンチャー企業です。

この慢性不足な状態を脱すべく、献血に依存せずiPS細胞から「血小板製剤」を
安定して量産できるという技術を確立しました。
今、2020年の実用化を目指しています。

特筆すべきは、メガカリオンの三輪玄二郎社長は60歳で起業し、この賞を頂いた年齢が66歳。
しかも海外からの大きな反響を得ており、アメリカとも協力関係を結んでるという
グローバルな企業です。

常に探求心と情熱をもつことで、起業は何歳になっても可能なことを教えてくれますね。

 

 

 

 

 

 

===================

東京新宿で起業をサポートする環境がここに!
【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場

PAGETOP