「TOMODACHI」-海外交流しながら起業家精神の育成

アメリカ発のグローバル企業と言えば何を思い出しますか?

Apple Microsoft Google Facebook と、どれもが日本人の多くに

なじみの深いものです。

これらの企業は全て10~20代の若者が創業した、いわゆるベンチャー企業でした

が、現在はそのブランド力において、世界有数の企業へと成長しております。

アメリカは早くから「起業家精神」教育を小さな子供達に向けて行っており

それゆえにこれほど多くの若者が起業し成功を収めたといっても過言ではありません。

 

残念ながら起業率の低いと言われている日本ではありますが、とはいえ

ここ数年で民間における起業教育プログラムを推進する動きが増えており

子供たちが起業家精神を学べる場が増えてきました。

小さな頃から起業家精神を養うことで自然と独立心やアイディアを培い

今後の日本もアメリカのような起業家を期待できるかもしれません。

 

今回はそのアメリカとの関係の深い、起業家精神を養うプログラムを紹介致します。

 

2011年の東日本大震災の際に、米軍と日本の自衛隊が手を結び「トモダチ作戦」

と称し、被災地の救助活動を行いました。この協力の精神を基盤に「公益財団法人

米日カウンシル」と「東京米国大使館」にて開催されている「TOMODACHI」プログラム。

様々な交流プログラムを通して、日米の次世代のリーダーの育成・起業家精神の

育成を目指しています。

 

具体的なプログラムの内容は

・リーダーシッププログラム

次世代のリーダーとなるための専門知識やリーダーシップ・スキルを習得し
経済成長と社会の進展を促す新しいアイデアや企業を生み出すことができる。

 

・教育&交流プログラム

日本からアメリカ(アメリカから日本へ)短期で留学を行い、現地の文化や
職務体験やお互いの国の教育システムを学ぶことができる

 

・文化交流プログラム
スポーツ、音楽、芸術において、それらの楽しさや意義を学んだり、
自分の技を披露することでそれぞれの文化を学ぶ

 

この「TOMODACHI」プログラムに参加するには

https://www.facebook.com/USJapanTOMODACHI

にアクセスすることで、必要な募集情報や参加した子供たちの体験などの

情報を得ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

===================
東京新宿で起業をサポートする環境がここに!
【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場

PAGETOP