「セルフウィング起業体験プログラム」-起業家マインドの育成は小さい頃から

前回は中学生以上を対象にした起業体験プログラムのご紹介を致しましたが、

今回は”チャレンジを恐れない起業家マインドの育成は、早い時期であれば

あるほど自然に受け入れることができる”と考え、主に小学生向けの本格的な

起業体験プログラムを全国の自治体や学校などへ展開している「セルフウィング」

の起業体験プログラムをご紹介いたします。

 

セルフウィングは20年も前から起業家マインドの育成を目指しプログラムを

開発・実施してきました。その内容は「製造販売会社を作り、お客様に製作

した商品を販売する」というものですが、実際には本格的に起業経営が学べる

下記のような一連の流れで進められます。

 

・5-6人程度でグループとなり模擬の会社を作る

・各人が社長や会計、仕入れ、宣伝等の役割を担当し

・市場リサーチを経て商品企画

・事業計画書を作成する

・融資を受ける

・仕入れを行い商品を作る

・宣伝を行い、販売をする。

・決算報告書を作成し、赤字の場合はその原因を探る

・借入金を返済し、利益をメンバーで配分する

 

この流れを通して学べることは、多岐に渡ります。

会社経営の流れは勿論ですが、事業計画を作成し、融資を受けるための

思考能力やプレゼン力、赤字になれば失敗ではなくどうして失敗したのか、

次はどうすれば良いか、といったチャレンジ精神、またお金と社会の関係

などを頭の柔らかい小学生から養うことができるわけです。

この重要性を、セルフウィング代表取締役の平井由紀子氏は「小学生から

起業家教育を受けた子供は、今存在しない仕事を創造することができる

資質をもつだろうと強く信じます。」と話しており
(出典:http://www.selfwing.co.jp/company.html)

現在ではこのプログラムをベトナムにまで展開しております。

 

当プログラムは自治体や商工会議所と組んで開催されることがメインです。

今年の夏、板橋区で開催された「2018年夏休み子ども起業塾」も

セルフウィング起業体験プログラムを用いて行われたようです。

体験したいお子様をお持ちの方はご自身が住んでいる街の起業体験情報を

チェックしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

===================
東京新宿で起業をサポートする環境がここに!
【起業をフルサポートする新宿シェアオフィス】
知恵の場

PAGETOP