スタッフ BLOG

知恵の場スタッフが、
最新情報をブログでお届けします。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 起業
  4. 働き方改革で副業をする人は増えるのか?!

働き方改革で副業をする人は増えるのか?!

皆さま
こんにちは。
知恵の場オフィス新宿
スタッフの高杉です。

 

本日は

「働き方改革によりフラリーマン化するサラリーマン」

という面白いニュースを目にしましたので、シェアしたいと思います。

 

近年知らない人の方が少なくなった「働き方改革」という言葉。

みなさんは以前と今とで働き方に変化を感じていますか?

 

とあるニュースによると、

働き方改革により残業が削減される傾向の中、
サラリーマンの退社後の行動に変化が出てきているようです。

 

SMBCコンシューマーファイナンスが、
「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」したところ、
30代・40代サラリーマンの半数以上は、退社後にまっすぐ帰宅するのではなく、
ふらふらと飲食店などに寄り道をする“フラリーマン”となっているというのです。

 

フラリーマンとは、社会心理学者・渋谷昌三氏による造語ですが、
働き方改革による残業が削減されたことで、このところ増えています。

 

その割合は、「寄り道しながら帰る」は49.7%(男性54.1%、女性43.7%)で、男性の半数以上が、帰宅前にどこかに寄り道してから帰宅しているといいます。

そして、フラリーマンたちの立ち寄り先は1位はコンビニ、2位が書店、3位が居酒屋・バー。

 

立ち寄り先でのひと月の支出額は、「5,000円~10,000円未満」(16.5%)、「10,000円~20,000円未満」(16.9%)が多く、平均すると11,460円という金額としては少ない印象です。

というのも、サラリーマンたちが、毎月、自由に使えるお金は20代32,224円、30代30,786円、40代30,278円で、平均は30,532円。仕事以外の時間に余裕ができても、お財布にゆとりが増えるわけではありません。

そう思うと、残業が減ることが必ずしも良いとは限らないかもしれませんね。
ここからは個人の主観になりますが、

副業を解禁する企業や裁量労働制、フレックスタイム制を取り入れる企業も増えてきましたので、
残業がない分、副業しよう!という人も増えてくるのかもしれません。

残業を減らす企業は、同時に副業も解禁にすべきなのでは?と思います。

また、副業やパラレルワーカーが増えれば、
自然とシェアオフィスの需要も増えることが予想されます。

 

弊社のシェアオフィスでも、副業向けに平日の夜に利用できる「ナイトプラン」を用意していますが、
今後そういった方々のお役に立てれば嬉しいなと思っております。

そして、弊社が運営するビジネス塾「志師塾」でも
新しく「先生ビジネス副業セミナー」をスタートしました!

こちらもご興味あれば覗いてみて下さい♪
◆先生ビジネス副業セミナー
https://44jyuku.com/lp/teinen_fukugyou/

関連記事